チェルニー30番 演奏時間


 先日予告したとおり、チェルニー30番の演奏時間を調べてみた。
 参考としたのは田村宏エッシェンバッハClaudio Colomboの録音。田村宏はCDをMP3として取り込んだときの時間、エッシェンバッハはCDを持っていないので、紀伊国屋のサイトに掲載してある演奏時間を使った。時間は秒で表している。

番号 時間 田村宏 エッシェンバッハ Colombo
1 76.8 79 101 74
2 80.0 90 96 88
3 80.0 85 98 77
4 80.0 85 94 74
5 75.8 84 80 84
6 97.9 106 121 98
7 101.1 111 126 113
8 74.3 82 93 77
9 72.0 79 81 88
10 99.3 102 104 98
11 72.7 93 92 83
12 123.2 136 128 122
13 76.8 81 81 126
14 84.0 90 95 97
15 108.0 116 118 95
16 76.8 91 86 75
17 106.7 117 110 112
18 83.5 88 91 80
19 96.0 100 102 96
20 96.0 98 100 94
21 83.5 87 84 80
22 106.7 108 109 104
23 87.3 91 91 87
24 68.6 72 74 62
25 93.9 98 99 85
26 93.9 105 114 109
27 112.0 117 116 113
28 80.0 95 94 91
29 38.4 48 49 43
30 72.0 77 73 71


 それぞれまちまちな速さで弾いている。エッシェンバッハは割とゆっくりめ、Colomboはだいたい指定の速度前後、田村は指定の速度よりも少し遅いくらいだけど演奏前後の空白時間を合わせると割りと時間通りとなっている。山本美芽は21世紀へのチェルニーで「エッシェンバッハは、指示テンポ通りの猛スピードで演奏している」と書いているけど、どういうことなんだろう。
 13番ではColomboが極端に遅いけど、17~45小節の繰り返しがないところを繰り返している。

 一応、今回計算とグラフ作成に使ったエクセルシートを上げておく。
     チェルニー30番 演奏時間.xls

 今回の調査で、我が家のメトロノームが壊れていることが分かった。
 以前チェルニー40番の21番を指定速度で演奏したけど、あれは物凄い無理をして色々と工夫した上のものであり、普通のピアノ学習者が出せる速度ではない。チェルニー40番ではあの曲だけが異常に速くて他の曲は何事もなく普通に弾けるという可能性もあるので、チェルニー40番でも今回と同じように演奏時間を調査してみようかと思う。

20161106追記
 Claudio Colomboの演奏を発見したので書き直しました。なお、この人はヤマハの電子ピアノNU1で演奏しているとのこと。同音連打に難のあるNU1で26番みたいな熾烈な同音連打を求められる曲を演奏できるとは思えないのだが、MIDI録音して手を加えたりしてないよな。
 それと、この人の演奏はイマイチ魅力がないのだけど、録音が48kbpsと低ビットレートでの録音だから悪く聞こえるだけで、ちゃんとした製品版を聞けばもっと良く聞こえるのだろうか。それにしても、この1曲250円というのは、その、なんだ、・・・・・・買う奴いるのか?

関連エントリー
 20190609 チェルニー30番27 演奏解説
 20190211 チェルニー30番25 演奏解説
 20180817 チェルニー30番24 演奏解説
 20180721 チェルニー30番23 演奏解説
 20180513 チェルニー30番22 演奏解説
 20171230 チェルニー30番20 演奏解説
 20170905 チェルニー30番19 演奏解説
 20170806 チェルニー30番18 演奏解説
 20170506 チェルニー30番17 演奏解説
 20170107 チェルニー30番16 演奏解説
 20170303 チェルニー30番15 演奏解説
 20161122 チェルニー30番14 演奏解説
 20160910 チェルニー30番12 演奏解説
 20160429 チェルニー30番10 演奏解説
 20160424 チェルニー30番9 演奏解説
 20160301 チェルニー30番6 演奏解説
 20160101 チェルニー30番5 演奏解説
 20151218 チェルニー30番4 演奏解説
 20151211 チェルニー30番3 演奏解説
 20150328 チェルニー40番21