生活保護不正受給 件数、金額の変遷

 JAPANISM34坂東忠信の記事に外国人生活保護不正受給の話がある。長いけど以下に抜粋する。

173億円に膨らんだ不正受給額
 さて、外国人に支給しているだけでも問題なのですが、もう一つの問題が「不正受給」。
 まずその全体像を見てみましょう。
 最初に出てきた【生活保護に関する主要指標とその動き-総務省 2生活保護の現状及び動向】をもう一度ご覧ください。
 この統計をまとめた平成23年度は、不正受給件数が3万5568件となっていて、その10年前(14年度(8204件))の約4.3倍に増加。
 不正受給額は、この調査時(平成23年)は全体でなんと173億1299万円で、10年前(平成14年)度(53億6065万円)の約3.2倍に増加していたのです。
 表が縦になっている上に長いので、2段に切って丸で囲んでおきます。
 単位は「千円」です。私は桁の数え間違いかと思いましたよ。
 不正受給1件あたりの受給金額については、約49万円と14年度(約65万円)と比べ減少してはいますが、総額がこれだけ増えていると話しになりません。簡単にいうと、一人あたりの不正受給額が、世帯別の平均人口が減少しているため多くを取れなくなり減っただけで、世帯そのものは増えているので不正受給している人も増えているのです。
 すでにお伝えしたとおり、外国人受給世帯の割合は、国内全体の2.78%ですから、これを参考にこの金額の2.78%を出してみると……。
 外国人の推定不正受給金額は、4億8130万円。か?ただし、
●金額データが平成23年度と古いこと
帰化した外国人が日本国籍に含まれていること
●受給者が日本人でも、妻などを含めその扶養を受けているものが外国籍である場合があること
 ……などの理由から、不正受給のがん細胞「ナマポマンウイルス」のスキャンには、まだまだ問題があるのです。
 特に問題のある「外来種不正なマポン」について、その被害金額を特定するための資料があるのか?
 なんと厚労省は、ここまで不正受給が問題になっていて、特に外国人の受給割合が高いことを知りながら、国籍別不正受給学を統計していないのです。
 え?「『外来種不正なマポン』だなんて、働かない自由と生きる権利を持つ外国人へのヘイト」だぁあ?
 私はここまでトドメを刺したくなかったのですが、致し方ない。
 現在は削除されていますが、以前民団のホームページには、在日朝鮮民族の就職状況を示すこんな資料も掲載されていたのです。縦に長いので真ん中は端折ります。

 同じ民団HPの「年度別人口推移」によると、1999年当時の在日朝鮮民族人口は63万6548人。うち46万2611人が無職。その無職者率は、同計算しても72.7%!
 これじゃ「国家寄生」と言われてもしょうがないでしょ?
 日本に寄生せず、祖国に帰省してほしいのですが、「在日というだけで雇用されない」「雇用において民族差別される」という方もいらっしゃると思いますので、その原因については、前述の拙著「在日特権と犯罪」にて詳しく説明しております。怒りのあまり読了前に拙著を引きちぎらないようご注意ください。

 さて、この記事では外国人生活保護不正受給について論じているけど、今回は社会問題は措くとして、データの読み方というか解釈について説明しようと思う。
 まず、生活保護の年度ごとのデータがいるので、それを探してくるところから。
 以下のページから拾ってきた。
生活保護制度の現状について 社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会(第1回)コピー
生活保護制度の現状等についてコピー
生活保護制度の概要等について 第14回社会保障審議会生活保護基準部会コピー
生活保護に関する実態調査 結果報告書 平成26年8月 総務省行政評価局コピー
 これらにより得られたデータを纏めると以下のようになる。

年度 件数(件) 金額(千円) 1件あたりの金額(千円)
14 8,204 5,360,659 653.4
15 9,264 5,853,929 631.9
16 10,911 6,203,506 568.6
17 12,535 7,192,788 573.8
18 14,669 8,978,492 612.1
19 15,979 9,182,994 574.7
20 18,623 10,617,982 570.2
21 19,726 10,214,704 517.8
22 25,355 12,874,256 507.8
23 35,568 17,312,999 486.8
24 41,909 19,053,722 454.6
25 43,230 18,690,333 432.3
26 43,021 17,479,030 406.3
27 43,938 16,994,082 386.8

 グラフにプロットすると次のようになる。こういう場合は棒グラフでも良い。

 次が合計金額、件数、1件あたりの金額について年度ごとの変遷を追ったもの。

 記事にある通り、平成14年から平成24年をピークに3倍以上に膨れ上がっている。その一方で、1件あたりの不正受給額は65万円から39万円に減ってきている。
 全体的に年度が進むごとに合計金額と件数が増える傾向があるが、1件あたりの金額は小さくなっており、より広く不正を取り締まる方向に進んでいる事がわかる。これは20年度→21年度からその傾向が見えており、24年度からは明確になっている。
 社会情勢として生活保護不正受給に対して厳しい目で見られるようになってきており、不正受給が広がる機運は見られないため、潜在的に存在していた不正受給が取り締まられているのではないかと思う。そして、25年度以降合計金額が減少していることから、大口の不正受給は指導が行き届き、雑魚ばかりが網に引っかかるようになってきたように見える。取締が厳しくなり、不正をしづらくなって来ていることを示唆している。
 不正受給の内訳を詳しく読み込めばもう少し確定的なことを言えるのだけど、データを探してくるのも面倒だし読んでる時間もないので、取り敢えずこんだけにしておく。

神我狩のサマリーをまとめてみた

 先日、コンベンションで神我狩のマスターをしてきたのだけど、サマリーをまとめたものを作ってみた。
 神我狩は公式サイトでサマリーとかチャートとかをアップしてる。基本的には、この中の判定チャート(コピー)と戦闘チャート(コピー)があれば事足りるのだけど、他にもキャラクター作成の関係とかいろいろあるのでなんとなく全てまとめたものを作りたくなってきた。
 以前、でたとこサーガで作ったような冊子の形状にしようと考えた。
 最近のプリンタでは、PIXUS iP2700みたいな廉価モデルでもなければ大抵は両面印刷とかいった機能が付いている。我が家のクソプリンタ EP-806ABでは下のような印刷設定画面で「小冊子」を選択することで冊子を作ることができる。

 1枚の紙に4ページ印刷することになるので、原稿のページ数は4の倍数としなければならない。サマリーのページ数を数えると16ページなのでちょうどよい。しかし、基本的に見開きの形状のサマリーとなっているため、うまくいかない。そこで、表紙、裏表紙と地図2枚(久代市と京都)の4ページを加えて計20ページの冊子とした。
 なお、表紙と裏表紙は神我狩ルールブックをそのままスキャンした。なので、裏表紙にはバーコードとかISBNとかがついたままとなってる。ある程度の解像度でスキャンした上、PDF化の際に解像度が下がらないように注意して作業しないといけない。
 問題となったのは、判定チャートと戦闘チャートは左右のページに分けてあるのだけど、キャラクターサマリー(コピー)、パーソナリティ作成チャート(コピー)、表の職業一覧(コピー)は見開きの形でしか存在しないので、うまく分割しないといけない。
 PDFはデータの編集がしづらいフォーマットなのでこういうときにちょっと困る。次のようにしてページをまとめた。
・PDFデータをAcrobatで分割して印刷することで2ページに分ける
・好きな順番に並べてまとめる。
・この状態だとページごとのサイズ(縦横)がまちまちなので、もう一回Acrobatで印刷するとサイズが揃う。
 こうやってPDFデータを作った。これを冊子で印刷して、折って、縦方向で閉じられるホチキスで留めて完成。
 DL:神我狩サマリー


 なんか赤いのはプリンタが正しく色を出力できないお馬鹿さんだから。薄い黒を出すのにイエロー、ライトシアン、ライトマゼンダを混合するというアホなことをやっており、その上、インクの混合比が不正確なためである。

関連エントリー
 20160208 神我狩 アクトシート
 20150505 でたとこサーガ遊んだよ

日本の戦艦生没一覧

 以前、平安時代の生没表江戸時代の生没表を作ったのだけど、日本軍の戦艦についても生没一覧を作ってみようと思った。船に対して「生没」という表現が適切かどうかは知らないけど、不適切だとしても正しい表現を知らないので取り敢えず生没という言葉を使う。
 別に戦艦である必要はないのだけど、ただの好奇心と技術的に可能であるという見立てと、あと最近艦これが下火になってきたからである。本当は戦艦じゃなくてローマ皇帝の生没就任で作りたかったのだけど、これはローマ人の物語をコンプリートするまでお預け。
 さて、戦艦なんだけど、これまで上げてきた生没表だと誰を選択するかという悩みがあったけど、戦艦はそれほど多くないから全部載せてしまえる。Wikipedia大日本帝国海軍艦艇一覧を参照して載っている戦艦全部を選べばよい。

富士 八島 敷島 朝日 初瀬 三笠 丹後 相模 周防 肥前 石見 扶桑[I] 鎮遠 壱岐 香取 鹿島 薩摩 安芸 河内 摂津 金剛 比叡 榛名 霧島 扶桑[II] 山城 伊勢 日向 長門 陸奥 加賀 土佐 大和 武蔵 信濃

 トゥルグート・レイス、ナッサウ、オルデンブルクというよく分からんのがあるが、これは第一次世界大戦の戦利品となったりしたものだけど、日本軍には編入されなかったので載せない。
 加賀は空母だけど、設計段階では戦艦となっているので載せた。
 土佐は竣工せずに標的艦とされた。ヒドイので、載せない。
 信濃も空母だけど、一応大和型の3番艦なので載せた。
 他にも計画だけだったりとかあるけど、これで全部とする。
 生没の表記についてだけど、通常の人間だったら通常の人間であれば生まれた年と死んだ年があればいいし、ローマ皇帝なら就任した年も付けておけば十分なのだけど、戦艦だと起工、進水、竣工、就役、除籍と色々区切りがある。更には改名とか沈没とかまであったりするので人間に比べて複雑である。あったりなかったりする項目は機械的に処理する上では邪魔以外の何物でもないので、そういうのは排除して、起工、進水、竣工(就役)、除籍の4つを選んで色分けすることにした。


 起工-黄色-進水-緑-竣工(就役)-青-除籍という形で色分けした。
 このデータを分析して説明とか入れようかと思わないでもないけど、別に軍艦に詳しいわけでもなく、気の利いた説明ができるとも思えず、見たまんまやんってなりそうなので、データを上げるだけにしておく。
 いつものようにエクセルファイルをアップしておく。
戦艦生没.zip

 今回はエクセルが大暴走して大変だった。去年くらいにWord2000がまともに動かなくなったのを契機に新しくOffice2007を導入したのだけど、このエクセルが矢鱈と処理が重くて多量の計算や表示を行おうとすると処理落ちの結果固まったり、Ctrl+Zにより確定で落ちたりと散々なソフトである。もうこの際だからエクセルだけ最新版のを買おうかなと思わないでもないくらいのクソっぷりで、変なソフトを掴まされたとしか言えない。あと、条件で色を変えるように設定したセルをコピーすると、この条件というのが上書きされずに追加されるという仕様になっているせいでとてもめんどくさかった。

関連エントリー
 20161129 江戸時代の生没表
 20151208 平安時代 生没表

シューマン 劇場の思い出

 子供のためのアルバムOp.68より25番劇場の思い出を録音した。
 シューマンを録音するのは多分初めて。以前、子供の情景の鬼ごっこを録音しようとした事があったけど、なんか有耶無耶になってしまった。気が向いたらまた試みたい。
 子供のためのアルバムは全部で43曲ある。昔練習したバイエルに「楽しき農夫」が収録されていたけど、あんな感じで簡単な曲なんだろうから1週間で弾けるようになるだろうとナメプした上にあんまり練習しなかったため、1週間じゃ全然弾けるようになっていなかった。続く1週間でちゃんと練習して録音した。
 実は、子供のためのアルバムは1~18番が「小さい子のために」、19~43番が「もっと大きくなった者のために」と書かれている。つまり、18番と19番を境に難易度が変わる。だから舐めてかかっちゃ駄目だよってことなんだけど、そもそもどんな曲だろうと舐めてかかるなよって話である。
 折角なので、あんまり書くこともないけど、いつものように演奏解説をしてみる。
 使用楽譜はピアノ・コンサート Vol.4 ランゲ作品集 シューマン作品集(1)という1978年TBS発行のもの。近所に住んでいるリタイアしたピアノの先生がもういらないからといってくれた。指番号の表記が小さくて見づらい。レコードとセットで出版したらしいけど、レコードは付いてない。というか付いていてもレコードを聴ける環境がないので聞けない。この楽譜が何者なのかちょびっと検索してみたけど全く出てこないから、あんまり出回っていないんだろうなと思う。こういうデザインの表紙。

タイトルについて
 「劇場の思い出」というのは楽譜に書いてあるタイトルだけど、手元にあるJörg DemusのCDには「劇場からのひびき」となっている。原題は"Nachklänge aus dem Theater"、Theaterは劇場という意味でいいのだけど、問題となるのは"Nachklänge"。手元にある拾い物の辞書には"Nach・klang m-[e]s/..kkänge 反響,残響:余韻,余情:追憶.[1}"となっている。ドイツ語じゃ両方の意味を持たせているようで、どちらでも正しそうなので、何とも言えない。ドイツ語のネイティブの人なら正確に認識できるのかもいしれない。曲自体の雰囲気から判断するというのもありだけど、ショパン流にタイトルでイメージを固定しないよう深く追求しないでおくことにする。

テンポについて
 "Etwas agitiert"となっている。"agitiert"は「激動した、興奮した、引っ掻き回した[2]」。なんで過去形なんだろ。それはそうと、英語で言うところのagitation、擾乱するとか扇動するとかをイメージしてしまう。
 "Etwas"の方はというと、「何か」とかいう意味で英語のsomethingに当たる。よく分からない。googleさんに聞くと「何か激しい」と出てくる。なにがなにやら。ここは日本語の曖昧さを最大限に発揮して「激しいっぽい?」とでもしておこうと思った。

 これまでチェルニー30番をできるだけ手元を見ないように練習してきた甲斐もあって、大体楽譜を見ながら弾けるようになっていた。しかし、やっぱりどうしても手元を見ないといけない部分はあるもんで、そういう部分は手元を見るという意味で楽譜に*印を付けた。ペダルオフと同じ記号だけど、書く位置が異なるので間違えることはない。
 また、楽譜ばかりを見るようになった弊害か、覚えるということをあんまりしなくなった。そのせいでどの指でキーを押すかとか、ペダルを踏むタイミングとかが全く記憶に残らなくて最初の1週間はそのばその場でペダルや指使いを考えながら演奏しており、非常に不安定ですぐに止まってしまっていた。そこで、指番号とペダルの支持を楽譜に書き込んだところ、劇的に弾きやすくなった。

2小節

 手元を見ずに弾くために:☆右手、Fisのキー黒鍵左側に3指を当ててFの位置を合わせる。

4小節

 ※4, 27小節右手。最初のADの和音。Aを1指で取るには直前のGisの2指の下をくぐらなければならない。そうすると5指のDとタイミングがずれやすいので意識して同じタイミングになるように心がけること。

16~19小節

 この辺りのさり気なく声部を増やしてくるあたりはとてもシューマンらしい。

22~24小節

 Eのオクターブの連打について。ディミヌエンドに加えてペダルの指示のあるように音色を変えて演奏する。22小節前半は小節頭のEメジャーの響きを引っ張ったまま弾き、22小節後半に入ったEの打鍵と同時にペダルを踏み変えてEの音だけを残して他を消す。23小節目に入ったところでペダルを離す。そして、23小節最後で再現部となる主題をpで弾き始める。

参考文献
 [1]R.シチンゲル、山本明、南原実, 新現代独和辞典, 三修社(1997)
 [2]遠藤三郎, 独仏伊英による音楽用語辞典[改訂版], シンコーミュージック(1991)

コロイド分散液の濃度と密度 追記

 1年くらい前にコロイド分散液の濃度と密度の関係について説明した。
コロイド分散液の濃度と密度
 分散液の密度をd、溶媒(分散媒)の密度をDL(g/cm3)、粒子の密度をDs(g/cm3)、粒子の濃度をC(wt%)とすると、
 { \displaystyle d = \frac{100 \cdot D_L \cdot D_s}{C ( D_L - D_s ) + 100 D_s} }
となる。というものである。
 今回は、温度によって溶媒の密度が変わるという点を式に組み込んでみることにした。ただ、前回ほど簡便なものではなくはっきり言って蛇足に近いし、DLに求めたい温度のときの密度を入れるだけで済む問題である。それでも、一応こういうのはちゃんと出しておかないといけないと思うので説明する。期待の状態方程式なんかを正確に表現しようとすると複雑化していくようなものだと思ってもらうといいかもしれない。

以下の条件を追加する。
・溶媒は仮に水とする
 説明本文を読んでもらえば水以外でも出来ることは理解いただけると思う。
・粒子の密度は温度で変化しない
 これも別に変化してもいいんだけど、その場合はDsの代わりに複雑な式が入ってくるだけなので。

 実際にやることはDLに温度と密度の関係式を嵌め込むだけなので、見た目が複雑になるだけで、難しいことはしない。
 ここでやらなければならないのは温度と密度の関係式を作ることである。そんな都合の良い式があるわけではないので、便覧とかからデータを引っ張ってこないといけない。
 とはいっても、ネットで探せばすぐに出てくる。流体工業株式会社の技術資料 液体編6.  水の密度 、粘度 、音速(魚拓)というのが見つかったので、これを使う。なお、この表だと4℃以下がないので、こちらの水の密度表(魚拓)を使った。
 これをグラフにプロットして、近似曲線を求める。これが温度と密度の式となる。

 ここから近似式を求める。最小二乗法の説明とかしても仕方ないので、エクセルが出力する近似曲線をそのまま使う。近似は4次方程式で行った。

 この近似式は書いてある通り。
y = -1.41270E-10x4 + 4.36996E-08x3 - 7.63960E-06x2 + 5.29364E-05x + 9.99898E-01
 こいつのせいで面倒くさいことになっている。
 そのまま式に組み込むのは邪魔すぎるので桁数を下げたい。そこで、桁数を下げたグラフを描いてどこまで精度を下げても使えるかを調べる。

 1本の線に見えるけど、小数点以下を1~5桁まで四捨五入して求めたグラフである。よく見ると完全には重なっていない。
 なんと、小数点以下一桁まで下げても問題なさそうである。
 そんな訳で、水の温度と密度の関係式は以下のものとして扱う。
y = -1.4E-10x4 + 4.4E-08x3 - 7.6E-06x2 + 5.3E-05x + 10.0E-01
 以上より、温度をt(℃)とすると、濃度、密度、温度の関係以下のように示すことができる。
{ \displaystyle d = \frac{100 \cdot D_L \cdot D_s}{C ( D_L - D_s ) + 100 D_s} }
ただし、{ D_L = -1.4 \times 10^{-10} t^4 +4.4 \times 10^{-9} t^3 - 7.6 \times 10^{-6} t^2 + 5.3 \times 10^{-5} t +1 }

 前回みたいに、チタニア粒子について3パラメーターを変動させたのを計算して立体グラフにしてやろうかと思ったのだけど、温度と密度の関係の変動が最大で5%弱の減少しかしない地味なものであり、視覚的に劇的な効果とか全く期待できないのでやらないでおく。

関連エントリー
 20170429 コロイド分散液の濃度と密度