20090918のニュース再掲 児童ポルノとか牡蠣の殻剥きナイフとか

     20090918の再掲。児童ポルノとかのニュースです。民主党政権が誕生した直後のニュースで、ここから児童ポルノ禁止法関係の話題は下火になっていきます。



    Freitag 18. September 2009.
     マスコミの児ポ禁法に対するテンションの低さが非常に気になる。特にテレビ関係の連中は漫画・アニメ・ゲームと同等以上の打撃を受けるはずなのに反児ポ禁キャンペーンとか全く聞いたことがない。
     30歳の女がセーラー服を着てAVを作ると、変態オヤジから「児童に見える」とかいわれて逮捕される昨今だが、こういうのを作る人って、児ポ禁法に対しては強烈に反発し、視聴者に対してその意志を伝える活動をしなければならないと思うんだけど。実際のところ、どうしてるんだろう。監督は寒竹ゆりという人、調べても何者か全然出てこない。児童ポルノについてどう考えているのか是非聞いてみたいものだ。
     児童ポルノ親告罪ではないから、通報したら寒竹さんは逮捕されるのかな。児ポ禁法を世に知らしめるためだ、誰か確信犯となって通報しろ。監督には公共の福祉のため犠牲になってもらう。日本の文化を守るための最高に栄誉ある犠牲だ。警察による偽善団体の精神的安寧のためのテロ行為を津々浦々に知らしめるチャンスだ。児ポ禁法をいじられてからでは遅い。国民どもに児ポ禁法の意味を知らしめ、世論を正しく誘導しなければならない。

    ドライバーで同僚の左目刺す=殺人未遂容疑で男逮捕
     たいへんだ! 折角、ダガーナイフを規制したけど、これだけじゃ意味がない。メディアを操作して世論を捏造した上で、国会でごり押ししてドライバーも規制しなきゃ。