偏差値28の衝撃

     ちょっと旬が過ぎた発酵し始めている感じがあるのだけど、少し前に話題になった偏差値28について。別に「偏差値28とかありえねープギャーm9(^Д^)」とかやりたいわけではない。
     背景とかの説明は面倒なので、以下に記事だけを抜粋しておく。
    SEALDs代表・奥田愛基さんの母校、偏差値28だった…ネットで話題に

    1 名前: TEKKAMAKI(愛媛県)@\(^o^)/:2015/09/16(水) 10:20:15.64 id:AZeK1kiD0.net

    国会前や渋谷で数千人規模のデモを仕掛ける学生団体「SEALDs」のメンバーで、明治学院大4年の奥田愛基(あき)さん(23)。2010年2月、島根県にある小さな全寮制「キリスト教愛真高校」の2年生の時だった。

    http://www.asahi.com/articles/ASH7B56K2H7BUTFL009.html

    島根県の高校偏差値一覧

    http://www.trygroup.co.jp/exam/high/shimane/list/

    28 キリスト教愛真(普通)

    http://i.imgur.com/4BAnoIk.png

     今回はこの人の思想とかをテーマにしたいわけではないく、そのあたりは凄くどうでもよいので放置しておく。今回議論したいのは偏差値28という数値のインパクトの大きさについてである。
     偏差値は50が平均値でそこから離れるほど平均から乖離しているという意味では、偏差値28は偏差値72と同じくらいのレアリティの筈である。偏差値72というと東大とか京大とかを受ける人はこれくらいあるとか聞くので、全くあり得ない数値ではない。
     しかし、偏差値28というのはどうだろう。一つにはわざわざこんな底辺を閲することはないため、普通は認識しない。それに加えて、20台という10の位の数値がこの衝撃の正体となっているのではないかと思う。72と28は70台と20台と表記することになる。このように表現した時点で人の目には50から30離れているように認識されるのである。実際は28なのに8ポイントを切り捨てて20と認識してしまう。これがこの衝撃の正体ではないかと思う。
     そんなこと言ったって、やっぱり偏差値28はねーよ、って思う。