英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄

 祥伝社から出ているヘンリー・S・ストークスの英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄という本を読んだ。
 書店で見つけて何気なく買ったのだけど、偶然同じタイミングで共同通信からこの本に関する記事が出た。一応魚拓を取っておいた。ナチュラルに捏造が含まれているのだけど、次いで報道各社が追随している。
 この辺りの動きについては日本報道検証機構がまとめている。長いので引用はしないのだけど、コメント欄で簡潔に纏めている方がいるのでその部分だけ引用する。

トークス:一般に言われるような「南京大虐殺」はなかった。
藤田裕行:南京大虐殺は中国による捏造。
共同通信:ストークス氏は、中国による捏造なんて言ってない。藤田のウソ。
トークス:確かにそこまでは言ってない。でも趣旨は合ってるから、藤田のウソではない。

 と、こんな感じで、相変わらずマスコミは酷い偏向報道をする。どっちが捏造なのだか。
 ところで、ストークス氏は日本語ができないから、日本語に翻訳してもらったという書き方がされているが、本書の中でストークス氏は日本語について次のように語っている。
 p54 日本語を完全に身につけなかったことだけが、心残りだ。
 p82 インタビューは、私が日本語で行い、時折、大蔵官僚が通訳の労をとってくれた。
というわけで、ストークス氏は日本語が全くできないわけではなく、英語でのフォローを得つつ日本語でインタビューを行う程度には日本語ができることがわかる。
 では、ストークス氏はこの本のゲラを読まなかったのかという疑問を覚える。かなり平易な文章で書かれているので読めないこともないんじゃあないかと思うんだが、どうなんだろ。読んだけど、自分の文章を一字一句覚えているわけでもないし、内容に問題があるように感じなかったからそのままスルーした、とかいう辺りが真相だったりするんじゃなかろうかと思う。

 話はずれるのだけど、この本の中でボコールの薔薇という映画に関する記述がある。カンボジアから亡命したシアヌーク平壌で撮った映画なのだけど、youtubeに上がってた。リンク先を見てもらえばわかるが、「この動画に関連付けられていた YouTube アカウントは、著作権侵害に関する第三者通報が複数寄せられたため削除されました。」といって削除されている。この動画をアップしたjun05858というアカウントも「YouTube アカウント jun05858 を停止しました。これは、著作権侵害に関する第三者通報が、以下の申立人を含む複数のユーザーから寄せられたためです:創価学会」といって消されている。いつもの創価学会による言論弾圧&嫌がらせにあったらしい。
 消されたときのスナップショットを撮っておいたのだけど、このJun05858のアイコンを見ると「日台友好」と書いてある。なるほど、中国共産党とべったりの創価学会には日台友好は非常に都合の悪い話というわけだ。
 ちなみに、ポコールの薔薇はカンボジア国父ノロドム・シアヌーク国王公式サイトで見ることができると台灣建國應援團のサイトに書かれてるんだけど、実物が見あたらん。
 というか、日台友好を標榜するJun05858は台灣建國應援團の関係者ではないかと思うのだが、どうなんだろ。